· 

出禁の人たち

晩ごはんの問題。

 

双子が来る飲み屋がある。

母親に連れられた双子を見かけることはあるけど、彼らは二人で食事をしに来るのだ。

家に帰ってもひとりきりなのだ。

賑やかなところで、メシを食いたいという。

大阪のとある店だ。

 

ふたりとも独身で、たまに彼女を連れてくる。

すると、カウンターに4人並んで飲むことになる。

不思議な光景である。

同じおかずをつつきながら、ビールを飲む双子を見ていると、

なんだか夢を見ているようだ。

 

この店のママは優しい。

他店で出禁になっても、ここは入れてくれる。

出禁な人たち最後の砦だった。

5人いたら、3人ムショ帰りだったりする。

たまに、喧嘩があってパトカーが来ることもある。

 

「え、きみダイコウなん?」

「そうやで、あんたもか」

「なにしてたん」

「スイジや」

「エリートやんけ」

 

などと言う会話を、僕は飲みながら聞いている。

僕的に「ダイコウ」と言えば『大阪工業大学』である。

理系だったんだ。とか思っていたら、

『大阪拘置所』で炊事をしていたということだった。

炊事は、エリートがするらしい。

 

「えーちゃん見ぃひんな」

「帰ったみたいやで」

「顔を出すのは来年かなぁ」

もちろん、えーちゃんはムショに帰っている。

すごい客層なのだ。

あ、双子は普通のちゃんとした方です。

 

ママの作るおばんざい料理は、適当だけど旨い。

ご飯だって、炊きたてである。

特Aとかじゃないと思うけど…。

 

この店のことは、小説にでも書いてみたい。

 

文・イラスト:紙本櫻士

起業でごはん!!

 

HOME

 

【最新マンガな米前線】

 

月見のお供えは盗んでいい。

目立ってナンボ。

丼マン

近道なんてなかったぜ。

伊勢神宮のニワトリは偉いのだ。

米のネーミングとか、そだねーとか。

稲は、田んぼで夢を見る。

出禁の人たち

ゲイとオカマは違うのだ。

シャチョーさん、ホンモノ、ホンモノよ。

うめー米はいねがー

イラストを描こう

 

【ブログ:起業でごはん!!】

R18とR−18。西暦と令和の数式

モノが売れだすPV数

新元号の日は、エイプリルフール

紙が消えていく。

口コミステージキッズ

チャレンジする国の考え方

勤労感謝の日とGHQ

顔文字を作った人たち。

そだねー

100社起業したら、30年後に何社残るの?

モーレツからビューティフルからの、断捨離へ。

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

事務局

株式会社 プレスト

 

〒573-0066

大阪府枚方市伊加賀西町57-4

Tel: (070) 5265 8433

概要

食と文化で、人を幸せにする会社

株式会社 プレスト

 

代表 紙本櫻士

ライター、コピーライター、アントレプレナー、小説家。日経新聞広告、エッセイ。

共同通信エッセイ。『川の水』(河川環境財団)『あまから手帳』(クリエテ関西)。『サライ』(小学館)などで執筆。交野新聞『僕の神さま』連載中。

SF小説連載『タイムハッカー』(A・ha)『日経新聞月間広告賞』『ノベルなび大賞 小林泰三賞』(『おっぱい』小説)  『僕の神様』(小説 交野新聞連載中)

川はともだち:代表 

薪能と音楽を楽しむ月見『千人の月見の宴』では、7000人を動員しました。

ブログ『起業でごはん!!』